中学生

アルセルの成績向上システム

ポイント1
共演授業 言葉をかわして共に授業を進めていく授業システム

アルセルでは、講師が一方的に説明をする、いわば講義調の授業は行いません。授業中に講師が伝えたことを、生徒にたくさん質問します。答えられたら全力で褒め、もし答えられない時は、全力で励まします。この言葉のやり取りが、緊張感をうみ、生徒の集中力を向上させます。

ポイント2
徹底補習 わかるまで教える徹底した復習システム

アルセルでは、「次の授業までに分からないことを持ち越さない」を大きな方針としております。すべての生徒が理解し、できるようになるまで、徹底的に補習します。

ポイント3
塾⇔保護者の連携 充実した保護者様との連携システム

塾でのお子様の様子をご家庭にお伝えしたり、家庭学習の様子を伺ったりなど、塾と保護者様との連携が成績向上へとつながります。そのため、定期的に保護者面談を実施いたします。また、日々の授業においても、なにか気づいたことがあれば、その日のうちにご家庭にご連絡いたします。

アルセル式成績向上サイクル 中学生

授業内容について

通常授業は、レベル別にクラスを設け、学校の先取り内容を学習します。学校で習う前に、塾で学習しておけば、学校の授業を安心して受けることができます。また、学校の授業が分かるので、発言が増えたり、すぐに問題が解けたりするので、通知表の成績が上がりやすくもなります。先取り授業にはなりますが、ついていけてない生徒は個別補習や、テスト対策の時に、もう一度復習もできるので、ご心配はありません。
また、中学3年生では、1、2年生の復習や入試対策に早めに入ることが成功のカギとなります。ですから、夏休み明けには一通りの中学の内容を終わらせます。

土日無料テスト対策

定期テストの2~3週間前から、土曜日と日曜日を使って定期テスト対策授業を実施いたします。よくある自習管理のようなテスト対策ではなく、テストに出るところを絞ってわたしたちが授業をし、その場で演習まで行います。あらゆるものを点数化し、点数に応じて個々へ課題を出したり、個別で呼び出し、補習を行ったりもします。テストへ向け、万全な状態になるまで徹底して管理します。授業だからといって費用はかかりません。完全に無料で実施いたしております。

学校のノート、ワークチェック

学校へノートやワークを提出する前に、わたしたちが予めチェックします。適宜アドバイスをし、学校の先生からしっかり評価されるようサポートします。ノート、ワーク提出は、通知表の成績に大きく影響します。入試に向けての内申作りの一環としてやっております。

徹底した宿題管理

毎回の授業ごとに必ず宿題を出しております。無理な量を出してしまうと逆効果になりますので、学年や時期に応じて適切な量を出すようにしております。
塾に通って授業を受けただけでは、そう簡単に成績は上がりません。覚えたことをしっかりと定着させるために宿題はかかせません。また、宿題をきちんとやることで、小テストで良い点数が取れます。この小さな達成感は学習を続けていく糧となります。そのような点から、わたしたちは、宿題をとても大切なものと考えています。したがって、毎回の宿題は徹底して管理をしております。

中3入試対策講座

中学3年生は、夏休みが明けてからの土曜日に入試対策講座を実施します。科目は5科目で全10回となります。
内容は、クラス・志望校によって、中1,2の復習や入試実践問題など様々です。

中3入試直前模試

入試直前には、土曜日や日曜日を使って、オリジナルの模試を実施し、その日のうちに採点から解説まで行います。入試直前ですので、実践に近い形での得点力強化を図ったものとなっております。