アルセルの冬期講習

2021/12/14 ブログ

 アルセルの冬期講習では、中1・2生は学年末試験に向けての先取り授業、小6生は中学進学に向けた英語・数学の基礎の定着、小4・5生は学習習慣の確立を目標に授業を行います。

 

◆中1・中2生

 学年末試験は、範囲が広くなりやすく、平均点も低くなる傾向があります。高得点を獲得するためには、日々の学校の授業の内容の理解に加え、教科によっては復習分野も自主的に学習する必要があります。アルセルの冬期講習で各教科の重要単元を先取りで学習することで、試験前の勉強にゆとりを持ち、復習分野や、自分の苦手な分野にまで学習の手を広げることができます。

 

◆小6生

 小6生は、これから中学校という新たなステージへ進むための準備の時期がいよいよ始まります。この冬期講習から春までの期間は、中学内容の英語と数学を学習していきます。中学生になると、学校生活、部活動と勉強の両立が今までよりも大変になります。そんな中で、定期試験で思うような得点を取れずに入塾のご相談に来る方が、例年多くいらっしゃいます。 アルセルでは英語・数学の基礎の基礎から、導入と演習を繰り返し行い、2~3か月分の先取りを終えた状態で中学校生活をスタートできます。そのため、学習面で余裕をもって、新たな生活環境に慣れていくことができます。英語や数学を今まで外部で習っていなかった方も、問題なくご参加できる内容となっておりますので、ご安心ください。

 

◆小4・小5生

 小学生は、休暇中の勉強習慣の維持ができるよう、集中した日程の中で宿題の管理を行ってまいります。ご帰省や冬休みの宿題との兼ね合いも考慮し、年内のみの日程で組まれておりますので、お気軽にご参加ください。

 

 2021年もそろそろ幕を閉じます。月日はあっという間に過ぎ去っていくもので、学年最後のテストだけでなく、新たな学年の始まりも、実はもうすぐそこまできています。アルセルの「先を見据えた」冬期講習で、今年度の締めくくり、そして新年度の幕開けに向けて、一緒に力を蓄えていきましょう。